こちらのページもご覧下さい。

浅田真央 全記録・成績 動画・画像

女子

浅田真央 全記録・成績 動画・画像
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

浅田真央 全記録・成績 動画・画像

記録

スコア:

女子ショートプログラムスコア世界記録 (78.66)、 2014年世界選手権.[94](2016年エフゲニア・メドベージェワが更新)
女子2人目となるISU大会での200点超え
女子フリースコア世界記録更新(133.13)、 2007年世界選手権.[95] (2007年金妍児が更新)
女子合計スコア世界記録更新 (199.52)、 2006年NHK杯.[95] (2009年金妍児が更新)[94]
女子ジュニアフリースコア世界記録更新 (119.13)、 2005年世界ジュニア選手権. (2012年ユリア・リプニツカヤが更新).[96]
女子ジュニア合計スコア世界記録更新 (179.24)、 2005年世界ジュニア選手権. .(2012年ユリア・リプニツカヤが更新).[96]
トリプルアクセル:
国際大会でのトリプルアクセル成功最年少記録(14歳70日、2016年紀平梨花が14歳66日で更新)
国際大会でのトリプルアクセル成功最年長記録(25歳)
女子5人目となる国際大会でのトリプルアクセル成功 (2004年ジュニアグランプリファイナル)
女子ジュニア初となる国際大会でのトリプルアクセル成功 (2004年ジュニアグランプリファイナル)
女子初となる世界ジュニア選手権でのトリプルアクセル成功
女子初となる1大会で3度のトリプルアクセル成功 (2010年 バンクーバーオリンピック)[97]
女子初となる冬季オリンピックショートプログラムでのトリプルアクセル成功[98][99]
女子初となる同じプログラムで2回トリプルアクセル成功 (2008年 グランプリファイナル)
他記録:
史上初となるアジア人での世界選手権シングル複数回優勝
史上初となるグランプリサーキット現7大会シングルすべて優勝.[100]
日本人初となる世界選手権複数回優勝.
グランプリシリーズシングル現役最多優勝[101] 歴代3位。
グランプリファイナル優勝女子最多タイ記録。
4大陸選手権優勝女子最多タイ記録.

主な戦績

International Skating Union.svgマークが付いている大会はISU公認の国際大会。
大会/年 02-03 03-04 04-05 05-06 06-07 07-08 08-09 09-10 10-11 11-12 12-13 13-14 15-16 16-17
International Skating Union.svg 冬季オリンピック 2 6
International Skating Union.svg 世界選手権 2 1 4 1 6 6 3 1 7
International Skating Union.svg 四大陸選手権 1 3 1 2 2 1
International Skating Union.svg 世界国別対抗戦 1 5
全日本選手権 7 8 2 2 1 1 1 1 2 1 1 3 3 12
International Skating Union.svg GPファイナル 1 2 2 1 棄権 1 1 6
International Skating Union.svg GPスケートアメリカ 3 1 6
International Skating Union.svg GPNHK杯 1 1 8 2 1 1 3
International Skating Union.svg GP中国杯 2 1 1
International Skating Union.svg GPロシア杯 5 1
International Skating Union.svg フランス杯 1 1 2 2 5 9
International Skating Union.svg GPスケートカナダ 1
CSフィンランディア杯 2
International Skating Union.svg 世界Jr.選手権 1 2
全日本Jr.選手権 4 4 1
International Skating Union.svg JGPファイナル 1
International Skating Union.svg JGPウクライナ記念 1
International Skating Union.svg JGPスケートロングビーチ 1
団体戦
International Skating Union.svg 冬季オリンピック 5
詳細
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年12月22日-25日 第85回全日本フィギュアスケート選手権(門真) 8
60.32 12
114.10 12
174.42
2016年11月10日-13日 ISUグランプリシリーズ フランス杯(パリ) 8
61.29 10
100.10 9
161.39
2016年10月22日-24日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ(シカゴ) 5
64.17 6
112.61 6
176.78
2016年10月6日-9日 ISUチャレンジャーシリーズ フィンランディア杯(エスポー) 2
64.87 2
121.29 2
186.16

ファイル:Cup of China 2015 – Ladies (1).jpg
2015年中国杯金メダル
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年3月26日-4月3日 2016年世界フィギュアスケート選手権(ボストン) 9
65.87 7
134.43 7
200.30
2015年12月24日-27日 第84回全日本フィギュアスケート選手権(札幌) 5
62.03 2
131.72 3
193.75
2015年12月9日-13日 2015/2016 ISUグランプリファイナル(バルセロナ) 3
69.13 6
125.19 6
194.32
2015年11月27日-29日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(長野) 4
62.50 2
120.49 3
182.99
2015年11月6日-8日 ISUグランプリシリーズ 中国杯(北京) 1
71.73 3
125.75 1
197.48
2015年10月3日-日 2015年ジャパンオープン(さいたま) - 1
141.70 1
団体


2014年世界フィギュアスケート選手権金メダル

2013/2014 ISUグランプリファイナル金メダル
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月24日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権(さいたま) 1
78.66 1
138.03 1
216.69
2014年2月6日-22日 ソチオリンピック(ソチ) 16
55.51 3
142.71 6
198.22
2014年2月6日-22日 ソチオリンピック 団体戦(ソチ) 3
64.07 - 5
団体
2013年12月20日-23日 第82回全日本フィギュアスケート選手権(さいたま) 1
73.01 3
126.49 3
199.50
2013年12月5日-8日 2013/2014 ISUグランプリファイナル(福岡) 1
72.36 1
131.66 1
204.02
2013年11月8日-10日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(東京) 1
71.26 1
136.33 1
207.59
2013年10月18日-20日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ(デトロイト) 1
73.18 1
131.37 1
204.55
2013年10月5日-日 2013年ジャパンオープン(さいたま) - 1
135.16 1
団体


2013年世界フィギュアスケート選手権銅メダル

2013年四大陸フィギュアスケート選手権金メダル

2012/2013 ISUグランプリファイナル金メダル
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年4月11日-14日 2013年世界フィギュアスケート国別対抗戦(東京) 5
59.39 5
117.97 5
177.36
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権(ロンドン) 6
62.10 2
134.37 3
196.47
2013年2月8日-11日 2013年四大陸フィギュアスケート選手権(大阪) 1
74.49 1
130.96 1
205.45
2012年12月20日-24日 第81回全日本フィギュアスケート選手権(札幌) 2
62.81 1
130.75 1
193.56
2012年12月6日-9日 2012/2013 ISUグランプリファイナル(ソチ) 1
66.96 1
129.84 1
196.80
2012年11月23日-25日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(利府) 1
67.95 2
117.32 1
185.27
2012年11月2日-4日 ISUグランプリシリーズ 中国杯(上海) 2
62.89 1
118.87 1
181.76
2012年10月6日-日 2012年ジャパンオープン(さいたま) - 2
122.04 1
団体

2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年3月26日-4月1日 2012年世界フィギュアスケート選手権(ニース) 4
59.49 6
105.03 6
164.52
2012年2月7日-12日 2012年四大陸フィギュアスケート選手権(コロラドスプリングス) 1
64.25 2
124.37 2
188.62
2011年12月23日-26日 第80回全日本フィギュアスケート選手権(門真) 2
65.40 2
118.67 1
184.07
2011年11月25日-27日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯(モスクワ) 1
64.29 1
118.96 1
183.25
2011年11月10日-13日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(札幌) 3
58.42 1
125.77 2
184.19


2011年四大陸フィギュアスケート選手権銀メダル
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年4月25日-5月1日 2011年世界フィギュアスケート選手権(モスクワ) 7
58.66 6
114.13 6
172.79
2011年2月15日-20日 2011年四大陸フィギュアスケート選手権(台北) 2
63.41 2
132.89 2
196.30
2010年12月24日-27日 第79回全日本フィギュアスケート選手権(長野) 1
66.22 2
127.47 2
193.69
2010年11月25日-28日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯(パリ) 7
50.10 5
97.92 5
148.02
2010年10月22日-24日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(名古屋) 8
47.95 8
85.45 8
133.40
2010年10月2日-日 2010年ジャパンオープン(さいたま) - 5
92.44 1
団体


2010年世界フィギュアスケート選手権金メダル

バンクーバーオリンピック銀メダル
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月22日-28日 2010年世界フィギュアスケート選手権(トリノ) 2
68.08 2
129.50 1
197.58
2010年2月14日-27日 バンクーバーオリンピック(バンクーバー) 2
73.78 2
131.72 2
205.50
2010年1月27日-30日 2010年四大陸フィギュアスケート選手権(全州) 3
57.22 1
126.74 1
183.96
2009年12月25日-27日 第78回全日本フィギュアスケート選手権(門真) 1
69.12 1
135.50 1
204.62
2009年10月22日-25日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯(モスクワ) 6
51.94 5
98.34 5
150.28
2009年10月15日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯(パリ) 3
58.96 2
115.03 2
173.99
2009年10月3日-日 2009年ジャパンオープン(さいたま) - 3
102.94 3
団体


2008/2009 ISUグランプリファイナル金メダル
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年4月16日-18日 2009年世界フィギュアスケート国別対抗戦(東京) 1
75.84 1
126.03 1
201.87
2009年3月23日-29日 2009年世界フィギュアスケート選手権(ロサンゼルス) 3
66.06 4
122.03 4
188.09
2009年2月2日-8日 2009年四大陸フィギュアスケート選手権(バンクーバー) 6
57.86 1
118.66 3
176.52
2008年12月25日-27日 第77回全日本フィギュアスケート選手権(長野) 2
65.30 2
117.15 1
182.45
2008年12月10日-14日 2008/2009 ISUグランプリファイナル(高陽) 2
65.38 1
123.17 1
188.55
2008年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(東京) 1
64.64 1
126.49 1
191.13
2008年11月13日-16日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯(パリ) 2
58.12 2
109.47 2
167.59


2008年世界フィギュアスケート選手権金メダル

2007/2008 ISUグランプリファイナル銀メダル
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年4月20日-日 2008年ジャパンオープン(さいたま) - 1
128.03 1
団体
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権(ヨーテボリ) 2
64.10 2
121.46 1
185.56
2008年2月11日-17日 2008年四大陸フィギュアスケート選手権(高陽) 1
60.94 1
132.31 1
193.25
2007年12月26日-28日 第76回全日本フィギュアスケート選手権(大阪) 1
72.92 2
132.41 1
205.33
2007年12月13日-16日 2007/2008 ISUグランプリファイナル(トリノ) 6
59.04 1
132.55 2
191.59
2007年11月15日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯(パリ) 1
56.90 1
122.90 1
179.80
2007年11月1日-4日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダ(ケベックシティ) 3
58.08 1
119.58 1
177.66

2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年4月29日-日 2007年ジャパンオープン(さいたま) - 4
101.47 1
団体
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権(東京) 5
61.32 1
133.13 2
194.45
2006年12月27日-29日 第75回全日本フィギュアスケート選手権(名古屋) 1
71.14 1
140.62 1
211.76
2006年12月14日-17日 2006/2007 ISUグランプリファイナル(サンクトペテルブルク) 1
69.34 4
103.18 2
172.52
2006年11月30日-12月3日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(長野) 1
69.50 1
130.02 1
199.52
2006年10月26日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ(ハートフォード) 1
68.84 4
102.39 3
171.23

2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年5月14日-日 2006年ジャパンオープン(さいたま) - - - 1
団体
2006年3月6日-12日 2006年世界ジュニアフィギュアスケート選手権(リュブリャナ) 1
113.58 2
56.10 2
97.25 2
153.35
2005年12月23日-25日 第74回全日本フィギュアスケート選手権(東京) - 3
66.64 3
121.46 2
188.10
2005年12月16日-18日 2005/2006 ISUグランプリファイナル(東京) - 1
64.38 1
125.24 1
189.62
2005年11月17日-20日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯(パリ) - 1
63.96 1
118.46 1
182.42
2005年11月3日-6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯(北京) - 2
62.92 2
113.68 2
176.60

2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2005年2月28日-3月6日 2005年世界ジュニアフィギュアスケート選手権(キッチナー) 1
112.32 1
60.11 1
119.13 1
179.24
2004年12月24日-26日 第73回全日本フィギュアスケート選手権(横浜) - 4
60.46 2
106.36 2
166.82
2004年12月2日-5日 2004/2005 ISUジュニアグランプリファイナル(ヘルシンキ) - 1
57.91 1
114.92 1
172.83
2004年11月20日-21日 第73回全日本フィギュアスケートジュニア選手権(大阪) - 1
54.56 1
117.57 1
172.13
2004年9月30日-10月3日 ISUジュニアグランプリ ウクライナ記念(キエフ) - 1
56.24 1
86.75 1
142.99
2004年9月9日-12日 ISUジュニアグランプリ スケートロングビーチ(ロングビーチ) - 1
50.14 1
87.88 1
138.02

2000-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年12月25日-26日 第72回全日本フィギュアスケート選手権(長野) 6 8 8
2003年11月22日-23日 第72回全日本フィギュアスケートジュニア選手権(京都) 4 4 4
2002年12月20日-22日 第71回全日本フィギュアスケート選手権(京都) 9 7 7
2002年11月23日-24日 第71回全日本フィギュアスケートジュニア選手権(名古屋) 3 4 4
2001年11月23日-24日 第70回全日本フィギュアスケートジュニア選手権(東京) 8 6 6

プログラム使用曲

シーズン SP FS EX

2016-2017[102] バレエ音楽『恋は魔術師』より
Danza Ritual del fuego
作曲:マヌエル・デ・ファリャ
振付:ローリー・ニコル バレエ音楽『恋は魔術師』より
En la cueva - La noche
Pantomime
El aparecido
作曲:マヌエル・デ・ファリャ
振付:ローリー・ニコル チェロスイート
作曲:ヨハン・セバスティアン・バッハ
振付:ローリー・ニコル
2015-2016[103] 素敵なあなた
振付:ローリー・ニコル 歌劇『蝶々夫人』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ
振付:ローリー・ニコル 踊るリッツの夜
作曲:アーヴィング・バーリン
振付:ローリー・ニコル
2013-2014[104][105] ノクターン 第2番変ホ長調 作品9の2
作曲:フレデリック・ショパン
振付:ローリー・ニコル ピアノ協奏曲第2番
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
振付:タチアナ・タラソワ スマイル
作曲:チャールズ・チャップリン
この素晴らしき世界
作曲:ジョージ・デヴィッド・ワイス
ボーカル:イマ
振付:ローリー・ニコル
2012-2013 アイ・ガット・リズム
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
振付:ローリー・ニコル 白鳥の湖
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:タチアナ・タラソワ ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』より
作曲:シャーマン兄弟
振付:ローリー・ニコル
2011-2012
[106] シェヘラザード
作曲:ニコライ・リムスキー=コルサコフ
振付:タチアナ・タラソワ 愛の夢
作曲:フランツ・リスト
振付:ローリー・ニコル 誓い~ジュピター~
(I Vow to Thee My Country)
唄:リベラ
振付:ローリー・ニコル
ワルツ第7番 嬰ハ短調作品64-2
作曲:フレデリック・ショパン
演奏:オイゲン・キケロ
振付:タチアナ・タラソワ
2010-2011
[106] タンゴ
作曲:アルフレート・シュニトケ
振付:タチアナ・タラソワ バラード第1番ト短調
作曲:フレデリック・ショパン
振付:タチアナ・タラソワ
2009-2010
[107] 仮面舞踏会
作曲:アラム・ハチャトゥリアン
振付:タチアナ・タラソワ 前奏曲「鐘」[108]
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
振付:タチアナ・タラソワ カプリース[109]
作曲:ニコロ・パガニーニ
振付:タチアナ・タラソワ
2008-2009
[110][111][112] 月の光
作曲:クロード・ドビュッシー
振付:ローリー・ニコル 仮面舞踏会
作曲:アラム・ハチャトゥリアン
振付:タチアナ・タラソワ ポル・ウナ・カベサ
作曲:カルロス・ガルデル
パジャドーラ
作曲:フリアン・プラサ
振付:タチアナ・タラソワ
シング・シング・シング
作曲:ルイ・プリマ
振付:ローリー・ニコル
2007-2008
[113] ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア
映画『ラヴェンダーの咲く庭で』より
作曲:ナイジェル・ヘス
演奏:ジョシュア・ベル
振付:タチアナ・タラソワ 幻想即興曲
作曲:フレデリック・ショパン
振付:ローリー・ニコル ソー・ディープ・イズ・ザ・ナイト
ボーカル:レスリー・ギャレット
振付:ローリー・ニコル
2006-2007
[113] ノクターン 第2番変ホ長調 作品9の2
作曲:フレデリック・ショパン
振付:ローリー・ニコル チャルダッシュ
作曲:ヴィットーリオ・モンティ
振付:ローリー・ニコル ハバネラ 歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
ボーカル:フィリッパ・ジョルダーノ
振付:ローリー・ニコル
虹の彼方に 映画『オズの魔法使い』より
作曲:ハロルド・アーレン
ボーカル:エヴァ・キャシディ
振付:ローリー・ニコル
2005-2006
[4][9][113][114] 歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
振付:山田満知子、樋口美穂子
スノーダンス[115]
振付:リー=アン・ミラー くるみ割り人形
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:ローリー・ニコル 虹の彼方に 映画『オズの魔法使い』より
作曲:ハロルド・アーレン
ボーカル:エヴァ・キャシディ
振付:ローリー・ニコル
2004-2005
[9][113] 虹の彼方に 映画『オズの魔法使い』より
作曲:ハロルド・アーレン
振付:リー=アン・ミラー 風変わりな店
作曲:ジョアキーノ・ロッシーニ、オットリーノ・レスピーギ
振付:リー=アン・ミラー ピック・ユアセルフ・アップ
ミュージカル映画『スイング・タイム』より
作曲:ジェローム・カーン
ボーカル:ナタリー・コール
振付:山田満知子、樋口美穂子
2003-2004
[116] オーケストラ組曲「マイ・ガール2」
作曲:クリフ・エイデルマン
振付:山田満知子、樋口美穂子 ワルツ・スケルツォ ハ長調Op. 34
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:山田満知子、樋口美穂子 ハバネラ 歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
振付:山田満知子、樋口美穂子
2002-2003
[116] セイ・ヘイ・キッズ
振付:山田満知子、樋口美穂子 インカダンス&アンデス
by クスコ
振付:山田満知子、樋口美穂子 -
2001-2002
[116] セイ・ヘイ・キッズ
振付:山田満知子、樋口美穂子 インカダンス&アンデス
by クスコ
振付:山田満知子、樋口美穂子 -
受賞
日本オリンピック委員会
2004年度JOCスポーツ賞 新人賞
2007年度JOCスポーツ賞 最優秀賞
2009年度JOCスポーツ賞 最優秀賞
2013年度JOC杯

行政

2005年国際競技大会優秀者表彰(文部科学省)
2007年国際競技大会優秀者表彰(文部科学省)
2008年国際競技大会スポーツ功労者顕彰(文部科学省)
名古屋市スポーツ功労賞
愛知県スポーツ功労賞

マスコミ

2005年度第20回中日体育賞(中日新聞)
2005年度第40回ビッグスポーツ賞(テレビ朝日)
2005年度日本スポーツ賞 奨励賞(読売新聞)
2008年度朝日スポーツ賞(朝日新聞)
2009年度スケーター・オブ・ザ・イヤー(東京運動記者クラブ)
2013年度スケーター・オブ・ザ・イヤー(東京運動記者クラブ)
Sports@nifty フィギュアスケートアワード
2007 コスチューム・オブ・ザ・イヤー ショートプログラム『ノクターン』
2008 フィギュアスケーター・オブ・ザ・イヤー
2008 コスチューム・オブ・ザ・イヤー フリープログラム『幻想即興曲』(四大陸&世界選手権バージョン)
2009 フィギュアスケーター・オブ・ザ・イヤー
2009 プログラム・オブ・ザ・イヤー フリープログラム『仮面舞踏会』(振付/タチアナ・タラソワ)

関連活動

テレビ出演

TBS系『学校へ行こう!MAX』2005年7月12日放送(「ニッポンの世界にはばたく学生」のコーナーに出演)
フジテレビ系『とんねるずのみなさんのおかげでした』2008年5月8日放送(「新・食わず嫌い王決定戦」、対戦相手は松本潤)
日本テレビ系『24時間テレビ』2008年8月30日放送(アイスショー「THE ICE」で義手のヴァイオリン少女が演奏する「虹の彼方に」に乗せて演技する模様が放送された)
テレビ朝日系『ドラえもん秋の1時間スペシャル』2008年10月24日放送(本人役でアフレコ出演)
TBSテレビ『浅田真央 ドリーム・ラボ』
TBS系『関口宏の東京フレンドパークII』2009年5月7日放送(共演 安藤美姫、小塚崇彦、織田信成)・2010年4月19日放送(共演 浅田舞、小塚崇彦、高橋大輔)
フジテレビ・関西テレビ系『Mr.サンデー』2010年4月18日放送
フジテレビ系『VS嵐』2010年5月6日放送(共演 浅田舞、小塚崇彦、本田武史)
日本テレビ系『天才!志村どうぶつ園』2010年5月22日・5月29日放送
フジテレビ系『run for money 逃走中』2010年6月27日放送
日本テレビ系『24時間テレビ』2010年8月28日放送(アイスショー「THE ICE」で右半身麻痺の少女と競演する模様が放送された)
テレビ朝日系『夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル』2011年1月2日放送(「卓球対決」のコーナーに安藤美姫、高橋大輔、織田信成、小塚崇彦とともに出演)
TBS系『世界ふしぎ発見!浅田真央の華麗なるウィーン〜ブダペスト』2014年7月5日放送(スペシャルミステリーハンター)
BSジャパン『浅田真央・舞のTRY&GO 初体験!素顔のプライベート旅 完全版』2014年10月12日放送(旅人)
TBS系『炎の体育会TVSP』2016年4月16日放送(共演 浅田舞)

ラジオ出演

住友生命 Presents 浅田真央のにっぽんスマイル(2015年3月2日 - 6月29日、TBSラジオ) - パーソナリティ[117]
番組枠は姉の浅田舞が引き継ぐこととなった(「住友生命 Presents 浅田舞のマイYOUNG JAPAN ACTION」)。

CM出演

伊藤ハム「朝のフレッシュ」
森永製菓「ウイダーinゼリー」
王子ネピア「まおレゴフィギュアプレゼント」、「ウェットントン」
オムロン「電動歯ブラシ」、「カラダスキャン」
ロッテ「ガーナミルクチョコレート」、「クリミオ」、「クランキー」、「デュアル」
佐藤製薬「ストナ」
NEC「VALUESTAR W」
日本コカ・コーラ「大豆ノススメ」
オリンパス「μ-DIGITAL」
Nestlé「エアロボックス」
花王「アジエンス」
エアウィーヴ「エアウィーヴ」
NISSAY
JAL
住友生命「ヤングジャパンアクション」
アルソア「アルソアクイーンシルバー」
アサヒビール「アサヒスタイルバランス」(2015年)[118]
ECC「ECCジュニア開設者募集」(2015年)[119]

スポンサー

伊藤ハム
森永製菓
王子製紙
オムロン
ロッテ
佐藤製薬
ユナイテッド航空
エアウィーヴ

公的活動

2006年3月31日、ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズ対広島東洋カープの開幕戦で舞とともに始球式を務めた。「くるみ割り人形」の曲をバックに特注のコスチュームで登場し、谷繁元信捕手に投球。野球観戦は初めてだったそうで再登板を希望していた。
2007年4月6日、姉の舞と日本とカナダの観光での交流を推進する「日加観光親善大使」に任命され、冬柴鉄三国土交通相とジョセフ・キャロン駐日カナダ大使と共に記者会見を開いた。
2010年4月15日、春の園遊会に招待され、今上天皇、美智子皇后と懇談した。懇談後、記者に「お会いできてすごく光栄でした。本当に優しい方だと思いました」と感想を述べた[120]。
2010年4月23日、総理官邸に招待され、内閣総理大臣鳩山由紀夫と初対面し、地方自治体などの財源縮小でスケートリンク場が減り続けている現状などを訴えた[121]。

関連作品

書籍

浅田真央、15歳(文藝春秋、2006年)- ISBN 9784163682303
浅田真央、16歳(文藝春秋、2007年)- ISBN 9784163696409
浅田真央、17歳(文藝春秋、2008年)- ISBN 9784163709208
浅田真央、18歳(文藝春秋、2009年)- ISBN 9784163720302
浅田真央 age 15‐17(文藝春秋、2009年)- ISBN 978-4167773120
真央らしく(朝日新聞出版、2009年)- ISBN 9784022505088
浅田真央 奇跡(ミラクル)の軌跡〜ファースト・フォトブック(新書館出版、2010年)- ISBN 9784403310577
浅田真央公式写真集 MAO(徳間書店、2010年)- ISBN 9784198628932
浅田真央 POWER&BEAUTY(小学館、2010年)- ISBN 9784093881210
浅田真央物語 Princess Mao(角川書店、2010年)- ISBN 9784046310897
浅田真央 さらなる高みへ(学研教育出版、2011年)- ISBN 9784052032929
浅田真央、20歳への階段(文藝春秋、2011年)- ISBN 9784163738000
浅田真央 Book for Charity(学研教育出版、2011年)- ISBN 9784054049949
浅田真央 美しく舞う言葉 (イースト・プレス、2012年11月18日)- ISBN 9784781608723
浅田真央 そして、その瞬間へ (学研マーケティング、2013年10月22日)- ISBN 9784052037283
浅田真央 age 18-20 (文藝春秋、2013年12月4日)- ISBN 9784167838959
浅田真央 夢の軌跡〜ドリームのきせき〜 (新書館、2013年12月26日)- ISBN 9784403310836
CD
浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック(EMI Music Japan)
浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2008-09(EMI Music Japan)
浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2009-10(EMI Music Japan)
浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-11(EMI Music Japan)
浅田真央 スケーティング・ミュージック2011-2012(EMI Music Japan)
浅田真央 スケーティング・ミュージック2012-13(EMI Music Japan)
浅田真央 スケーティング・ミュージック2013-14(ユニバーサルミュージック)
DVD
浅田真央 20歳になった氷上の妖精(ポニーキャニオン)

著書の発売中止

2012年2月8日に発売予定であったエッセー「大丈夫、きっと明日はできる」(浅田真央著 佐藤雅美著)が浅田の意向により発売中止となった。予定されていたエッセーは209ページにわたり、2010年のバンクーバー五輪で銀メダルを獲得した以降の生活などを綴ったもので、書店からは10万部以上の予約が入っていたという。

出典 http://ja.wikipedia.org

浅田真央

関連記事

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1

  • こちらのページもご覧下さい。
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!


こちらのページもご覧下さい。

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ


こちらのページもご覧下さい。