こちらのページもご覧下さい。

五人以上の女を同時に口説くと、ほとんどテ ンパらなくなる。というか、誰が好きなのかも分からなくなる。

女子

五人以上の女を同時に口説くと、ほとんどテ ンパらなくなる。というか、誰が好きなのかも分からなくなる。
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

五人以上の女を同時に口説くと、ほとんどテ ンパらなくなる。というか、誰が好きなのかも分からなくなる。

2018.2/25親戚の七回忌。宮原駅に集まって行きました。
     おばあちゃんは幕末に幕府側だった武士の娘で
     北海道へ逃げてきて貧しい生活だったのを
     おじいちゃんがその武士の一家をいろいろせわしてやってたそうです。
     その武士ってやつがおじいちゃんに対して偉そうにしてたっていうのが
     腹が立ちました。

2018.2/24恵比寿ビジネスタワーで廃材搬出作業。
     通り道を養生して
     台車で繰り返し運びました。

2018.2/23千駄木の森鴎外記念館の近くの工事現場で
     システムキッチン搬入作業。
     雨でどろどろで靴が泥だらけになりました。
     狭くて窓から入れました。
     滑って腕をぶつけたり
     手の力が限界になりました。

2018.2/22板橋区仲宿商店街の近くの
     工事現場でシステムキッチンを
     四階までエッチラオッチラ上げました。

2018.2/21錦糸町のショッピングモール四階の映画館に
     器材や売り場のカウンターテーブルの搬入作業。
     ドアとカウンターテーブルの幅がギリギリでなんとか通りました。

2018.2/20吉祥寺で家具搬入、設置作業。
     職人さんの補助やりました。
     隙間を無くしてピタッとなりました。

2018.2/19銀座四丁目のデパートが休日になってて
     二階の店に部品を運んで
     商品の陳列棚の組み立てをしました。
     最後にガラスを乗せていったんですが
     そのうちの二枚が角が勝手に割れました。
     本当に勝手に割れたって感じでした。

2018.2/18西新宿でベッドの展示会の撤去作業。
     でかい空箱をわんさか用意して
     詰めて台車に乗せて運んで
     トラックにどんどん積み込みました。

2018.2/17羽生、宇野のメダル獲得に
自分が泣いて喜んじゃうとは
思わなかった!

2018.2/16恵比寿3丁目交差点の近くで
     厨房機器の交換作業。
     壁の汚れをカッターで削り取るのが疲れました。

2018.2/15板橋区仲宿の板橋という橋の近くで
     工事現場に器材搬入作業。
     階段だったけどサッササッサと片付きました。

2018.2/14山手線でちょっと寝て
     次の現場、下丸子へ向かいました。
     建築現場にシステムキッチン搬入。
     足元悪かったけどスイスイ片付きました。

2018.2/13.24:00渋谷の地下鉄で機材搬入作業。
     階段降りたり上ったり、重かったりで
     ハアハアゼエゼエしました。

インスタグラムはこちらです。

ほとんどの男に共通するフラれる理由、

それは

「余裕がなかった」

からだ。

お前にもこういう経験があるだろう。
好きでもないどうでもいい女の前では
いつもの自分でいられるし、
そういう女からはホレられたりもする。

しかし、好きな女の前に出ると
どうしても緊張して余裕がなくなる。

だから会話もぎこちなくなる。
女はそういうお前を見て
「気持ち悪い」と思うのだ。
しかしお前は余裕を取り戻すことはできない。
むしろ好きになればなるほどテソパって、
どうしようなくなって、
そうした状況に耐えられなくなったお前は
玉砕覚悟で告白する。

こんな告白がうまくいくわけがない。
こうしてお前は
「好きになった女に限って」フラれていくのである。

この現象を防ぐ方法を今から教える。


お前が好きな女の前で緊張してしまう理由。それは、

「たった一人の女にホレ、その女しか口説いていないから」である。

一人の女にホレてしまい、その女に執着する。
ゆえに「この女が手に入らなくなったらどうしよう·.....」
と不安になり、
テンパるのである。

しかし、お前が同時に何人もの女を狙っていた場合どうなるか?

「別にこの女にフラれてもいっか」

そういう「心の保険」があるはずだ。

これが「執着の分散理論」である。

同時に何人もの女に狙いを定めることで、
「別にフラれてもいいや」
という心の保険を獲得し、
常に余裕を保つのである。

「いや、恋愛っていうのはー人の好きになった女を口説くもんでしよう」

そんなことを口走るお前の顔面に正拳突きを叩き込んでも良いだろうか?

なにが「好き」だ。
お前が感じる「好き」なんていうのは、
ただ外見が好みの女が
お前らを勘違いさせるようなちよっとした優しい態度をとったから
「もしかしたらあの女イケるんじやねえの?」
そう思って好きになってるだけだ。

これは、まだ知りもしない女に対して
勝手な妄想を膨らませているだけ。
いわゆる「恋に恋している」状態だ。

だいたい、女なんてー年付き合っても
「え?こ子ってこういう性格だったの?」
なんて発見もある。
本当にその女のことが好きかどうかなんて
付き合ってみないと分からんだろ。

だからこそ、付き合うまでの口説きに関しては
常時何人もの女に声をかけ、
執着心を分散することが肝心なのだ。

口説く人数が少なければ少ないほど、
お前はテンパり、

逆に、口説く人数が多ければ多いほど、
テンパらなくなっていく。

俺の経験上の数値として、
「五人以上の女を同時に口説くと、
ほとんどテンパらなくなる。
というか、誰が好きなのかも分からなくなる。」

これを目安にして、
狙っている女が五人に到達するまでは
飲み会などに積極的に
顔を出すと良いだろう。

ちなみに今見てもらった、
口説く人数とテンパリ度の相関図を俺の授業では

「一途曲線」

と呼ぶ。

つい女にー途になってしまう
お前の弱さを戒めるための曲線なので、
ノートやメモ帳に何度も書き写し頭に叩き込んでおくこと。

(執着の分散理論)
同時に何人もの女を口説くことによって、
好きな女の前でもテンパらずに常に余裕を保つこと
引用元
LOVE理論

女性が勝手に振り向く男になる事は大袈裟ではなく、余裕で可能? 怪しい噂と事実関係は?

ネットの情報を見ていると、
インチキっぽいものも多いよね。
蔡東植の恋愛プログラムLEVEL ZERO  は大丈夫?

苦痛を感じずに行動出来るようになるっていうけれど、
最近はヤラセもあるし、怪しいよね。

詐欺だったら嫌だな。

内容のネタバレと真実の感想

女性を追いかけ行動しない方がおかしいんじゃないの?
と感じるようになるってどういうこと?

ダメ元でやってみようかな。

関連記事⇒愛しい、切ない。「エデンの東」

関連記事⇒トムクルーズの驚異のアクションを記録した「ミッション:インポッシブル」シリーズ

関連記事⇒デテイールを描くと現実が見える。「秒速5センチメートル」

関連記事⇒ミッキー・ロークがジェットリンクのよう。「ナインハーフ」

関連記事⇒ジェットリンクのジェームズ・デイーンの哀愁。「ジャイアンツ」

関連記事⇒人間到る処青山あり、そして慣れ親しむと楽しい。

関連記事⇒慣れ親しむと楽しむことが出来る。

関連記事⇒「エンゼルハート」の頃のミッキーロークは超カッコよかった。

2018.2/2 降った雪はシャーベット状だったけど、
     運転は甘く見てはいけないそうです。
     そちらはどうでした?

2018.1/31 夜中ドア開けて見上げたら、皆既月食見れた。
     なんか得した気分。

人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。

プロフィール 宅急便時代

プロフィール 便利屋時代

プロフィール 自衛隊時代。

プロフィール 少年時代 

慣れ親しむと楽しむことが出来る

苦しいこと、つらいことを逆に楽しめないか

それは、苦しいこと、つらいことに、
馴染んじゃうと、慣れ親しんじゃうと楽しくなる。

だから苦しいとき、つらいときは、
”もっと馴染んじゃえば、
もっと慣れ親しんじゃえば楽しめるんじゃないか?”と
自分に問いかけてみてください。

苦しい、つらい状況、状態にいる時は慣れ親しんで楽しめる状況、状態
に向かってるんだと考えてください。

①何をつらい、苦しいと感じているのかを見極める。
②それ自体を楽しむということを目的にする。目標にする。

見極めて「楽しむ」と思うところがポイントです。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト



恋愛テクニックランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
動画

まとめサイト




旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1

  • こちらのページもご覧下さい。
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ


こちらのページもご覧下さい。